上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 日帰りで京都に…
   
 今回は京のお屋敷とお庭をたずねました


 IMG_2645_convert_20110927150534.jpg      IMG_2654_convert_20110927150635.jpg

 南禅寺 大寧軒の庭園  3本の柱で出来た珍しい鳥居の下を湧水が流れています。
  
近くに蓮池があり、大きな蓮の実、発見! 
落ちてないかな~と探したら、一つだけ蓮の葉の裏に転がっていたので、お持ち帰り 
今は我が家の玄関に飾られています。


 南禅寺付近の水は琵琶湖疏水(びわこそすい)と呼ばれています。
 琵琶湖の湖水から、京都市へ通ずるために作られた水路(疏水)が流れています。

明治維新の時、天皇を始めとしてたくさんの人々が東京に移り住む事になり、奈良の二の舞になっては困ると
琵琶湖の湖水開発工事で京都の工業化をた図ったそうです。

奈良の二の舞っていつのこと…  千年ほど前のことじゃございませんか
京都の人は先の戦争を、応仁の乱と言う人もあるとかないとか

この歴史ある町が、私は本当に好きです


 IMG_2659_convert_20110929110322.jpg お昼はこのお屋敷(白河院)で京料理。



 私は古い建物が大好きです。今回、昭和初期の洋館が見れると聞いて楽しみでした
 駒井家住宅(米国人建築家ヴォーリスの代表作)


 IMG_2670_convert_20110929111847.jpg     IMG_2687_convert_20110929112010.jpg


 お部屋の中がまた素敵


 IMG_2673_convert_20110929113006.jpg  IMG_2680_convert_20110929113149.jpg

 IMG_2674_convert_20110929113550.jpg  IMG_2685_convert_20110929113647.jpg


電気の傘の模様、窓のデザイン、階段の手すりと高さのバランス、どれもなんてモダンなんでしょう。
和室だってあります。
現在、このお屋敷は、日本ナショナルトラストが管理保存しているそうです。


 IMG_2694_convert_20110929162248.jpg 俵屋吉富の京菓子とお抹茶

 この旅の最後は、伝統ある老舗和菓子屋の製作実演を間近で見学し、お抹茶とお菓子をいただきました

 ゆったり、まったりの一日、京都は繰り返し訪れたいところの一つです




 





   


 




 



 
 



 







 


 





    


 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bloom430.blog135.fc2.com/tb.php/91-56c54f2b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。