上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
唐津は、焼き物で有名な町です
この町の歴史も知りたくて、
"よかばい旅クラブ"のボランティアさんに案内していただきました

旧唐津銀行


この建物は、東京駅を設計した
辰野金吾さんが監修した建物です。
唐津を代表する有名人です
室内も素敵!

お金のやり取りをする場所


コンセントのプラグを見せないデザイン


一つ一つデザインが違う暖炉


ライトのお洒落なこと


唐津は江戸時代、会津と同じように幕府側に付いていたので、明治に入ってから薩摩や長州から、目の敵にされたそうです。
唐津藩の藩主は、教育こそ、未来を創る上で大切だと考え、英語教育に、力を入れたとのこと。
辰野金吾は下級武士でありながら、藩主のおかげで唐津の藩校で勉強をして、後に東京大学を首席で卒業し、ロンドン大学に留学したそうです。
人を育てるバックボーンと、若い力がそこにあったと思うと、歴史好きな私は、ワクワクしてしまいます。

唐津焼
唐津の町のカフェにて


珈琲を飲みたくて立ち寄ったお店
唐津焼の器が使われていました


唐津焼ゲット


唐津焼は、素朴でシンブルな焼き物
普段使いのお皿には、ぴったりです
主張しすぎず、料理を引き立てる器がとても好きです

九州は、初めて訪れた場所でしたが、
個性豊かな文化のレベルの高さと、
何を食べても美味しいところが、魅力でした。特に唐津がよかばいでした





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bloom430.blog135.fc2.com/tb.php/215-a5831e1d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。