上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 娘の結婚は我が家にとって、大きな出来事でした


 今から24年前、予定日を2週間過ぎたある日の夕方、
 ベランダから、大きな虹が見えました。
 赤ちゃんがやって来る! 3歳の姉が言った通り、
 次の日、次女は生まれました。

 
 なんでもお姉ちゃんのまねをして、高校・大学まで一緒
 弟が出来たと知った時は、大泣きをして困らせたけど、
 生まれてからは、本当に可愛がり、お風呂に入れたり、公園で遊んだり
 よく面倒をみてくれた次女でした。


 そんな次女の結婚で一番心を痛めたのは父親でした。
 こんなに、哀しい顔をするんだ…
 こんなに、納得がいかないんだ…

 父親の寂しさは母親の計り知れないものがあるんですね。
 その昔、私の父を哀しませた主人は、今回は自分の番になってしまいました。


 結婚式では、ハンカチを2枚持って、泣くのをこらえていた主人が
 二人にお願いしたこと

 仲良く暮らしてほしい
 良い顔をして年をとってほしい
 その二つでした

 環境の違う二人が一緒になるのだから、ぶつかることがあるのは当たり前
 たくさん話をして、相手を思いやってほしい

 小さな幸せは回りにたくさん転がっているのだから
 自分達が感じる幸せを見つけて、二人で分かちあってほしい
 そしたらきっと良い顔をして年を重ねていけるはず


 娘の結婚は、我が家にとってあらたな一歩になりました
 
 


 



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bloom430.blog135.fc2.com/tb.php/109-f9873f55
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。